幅広いキャリアパスが魅力!インフラエンジニアの将来性とキャリアについてインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所

システムの足回りとなるネットワークのスペシャリスト、インフラエンジニアは、現代のIT社会の基盤を支える職人です。大変重要な役割を担うエンジニアであり、フリーエンジニアとしての活躍範囲も広い職種です。幅のあるキャリアデザインを描けることもインフラエンジニアの魅力といえるでしょう。このサイトはインフラエンジニアのキャリアパスを紹介します。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

エンジニアと一言でいっても、仕事内容によって様々なエンジニアが存在します。中でもインフラエンジニアは、ネットワークとサーバ環境の構築を行う今注目のエンジニアです。インフラエンジニアの仕事は、勤めている企業によって仕事の幅が変わってきます。また、なかなか若いエンジニアが育ちにくいという問題もあり、引き継ぎ等で困っている会社も多いようです。これからエンジニアを目指す人には、オススメの職業だといえるでしょう。

MORE

求められるスキル

求められるスキル

インフラエンジニアは、Webサービスやクラウドサービスなどを支える現代社会では無くてはならないお仕事です。もし、トラブルが発生してサービスが提供できなくなったら企業の損害は計り知れないものになります。そうならないためにも、トラブルになりそうな危険な要素を予見する能力と誰にもわかりやすく、ミスがない設計をできるかどうかがポイントとなります。また、技術的な資料は英語で書かれている場合も多いため、英語力も必要なスキルの一つです。

MORE

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

IT系のエンジニアといえば、一日中パソコンとにらめっこ。人とのコミュニケーションは、メールかチャット。などと思っている人も多いのではないでしょうか。IT業界を経験したことが無い人はよくこのような勘違いをされますが、実際の現場ではチームで作業を進めていくため、技術力もさることながらコミュニケーション能力は必要なスキルです。インフラエンジニアともなれば、プログラマやシステムエンジニアなどとの調整も多く、より一層コミュニケーション能力が問われます。

MORE

ゼネラリストを意識してプロマネへ

ゼネラリストを意識してプロマネへ

インフラエンジニアとしてキャリアを積んでいくと自分がこの先どうなりたいのかといったキャリアパスに悩みを抱く人も多いことでしょう。インフラエンジニアとして全ての技術を身に付けいつまでも第一線で活躍するのはとても難しいことです。また、会社員であっても独立していてもいつまでもエンジニアのままでは収入も上がらないという悩みも増えます。そこで、プロジェクトマネージャーとしての道を考えてみてはいかがでしょうか。誰でも簡単になれるわけではありませんが、ゼネラリストを意識してプロマネを目指せば仕事の幅は一気に広がるでしょう。

MORE

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

成り手も少なく、引く手あまたのインフラエンジニアですが、キャリアアップを怠ると一気に置いていかれることになるでしょう。特に、IT業界は技術革新が早いためエンジニアは常にキャリアアップを意識していなければなりません。インフラエンジニアのキャリアアップで重要な考え方として、「上流」と「マルチ」という考え方があります。ここでは、それぞれの解説からインフラエンジニアにおすすめしたいキャリアアップ術についてご紹介します。

MORE

コンセプチュアルスキルを磨いてコンサルタントへ

コンセプチュアルスキルを磨いてコンサルタントへ

インフラエンジニアのキャリアパスを考えた時、最も困難でありながらやりがいや達成感を味わえる職種としてコンサルタントがあげられるでしょう。コンサルタントは、すぐになれるような簡単な仕事ではありませんが、長年インフラエンジニアとして従事してきた人なら企業のインフラ関係のことから経営戦略まで、徐々にステップアップしていくことも可能です。コンサルタントになるために必要なスキルである「コンセプチュアル・スキル」について解説しますので概要を理解しておきましょう。

MORE

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所