引く手あまたな、できるインフラエンジニアになるために必要なことインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所
インフラエンジニアのキャリアパス研究所

できるインフラエンジニアとは

インフラエンジニアとして優秀なエンジニアになるためには、日々の努力は欠かせません。資格を取得するというのも一つの方法です。インフラエンジニアが技術力をアピールできる資格は、国内外でたくさんあります。自分の目指す技術に合った資格を取得すれば就職や転職、独立に有利になるでしょう。また、インフラ系の技術は流行り廃りが早いものです。流行に乗り遅れないようにトレンドはしっかりおさえておく必要があります。誰も利用しない技術に固執していても仕事を獲得することはできないでしょう。ここでは、できるインフラエンジニアになるための方法についてご紹介します。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

求人情報を見れば、色々な名前のエンジニアを募集していることが分かります。その中から、ネットワークのスペシャリストである「インフラエンジニア」という職種を紹介します。主に、プラットフォームの構築やOSのインストールなどの仕事をしているインフラエンジニアは、不景気でも仕事先がある職種となっています。進む業界によって求められるスキルが違っているというところも魅力的です。興味を持っている若者が比較的少ない職種のため、競争率もあまり高くないと考えられます。

求められるスキル

求められるスキル

インフラエンジニアとして仕事をする上で、あった方が良いスキルをいくつか紹介します。まず、インフラエンジニアとして業務を進める上で、かなり重要になるのが設計というスキルです。業務内容に合わせて誰が見ても分かり易い設計書を作る必要がありますし、更には、インターネットが常に使えるように負荷を考えた設計もしなければなりません。次に、先読みをするという能力も必要です。インフラエンジニアは、事業がスムーズに進むように、トラブルを予見してそれを未然に防ぐことが求められます。最後に、英語力は、自分を売り込んで仕事を得るためにはあった方が良さそうです。

資格を取得し一歩先を行く

資格を取得し一歩先を行く

インフラエンジニアとしてできる仕事を広げるためには、資格を取得することが必要になります。資格がなくても仕事はできますが、会社によっては一定の資格を有することを入社の条件とすることもあるため、かなり重要になってくるのです。ここでは、Cisco Systems、Linux、Oracle、情報処理技術者試験に関連した資格を紹介していきます。インフラエンジニアとして活躍していきたいと思っている人には非常に役立つ資格ばかりですし、難易度がかなり低い資格もあるため、少しずつ取得していくこともできるようになっています。

技術の流行を意識する

技術の流行を意識する

インフラエンジニアにとっては、OSやハード、言語などについてどれを選択してメインで使うかという問題は非常に大きな問題となってきます。選択の方法としては、日本国内でどのような技術が流行っているのかを意識して選ぶ方法が挙げられます。日本で流行る技術は、「日本語が充実しているか」を重視するという一定の法則に基づいて選ばれることが多いです。法則を知っていれば、時間をあまりかけずに流行りの技術を見極めることができます。また、メインストリームを見極めてそれに乗るというスキルも重要です。SNSや有名な技術者などの意見を取り入れながら選ぶようにしましょう。

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所