インフラエンジニアとはネットワークのスペシャリストであるインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

エンジニアという職業は、いくつもの職種に細かく分かれています。求人情報を見ればその種類がどれだけあるのかが分かりますが、それらが一体どのような内容の仕事を受け持っているのかは調べてみないと分からないものです。数あるエンジニアの中から、ここでは「インフラエンジニア」という職種について紹介していきます。ネットワークのスペシャリストを目指したいと思っているエンジニアや、将来エンジニアを希望している人は必見です。

LINEで送る

インフラエンジニアとその仕事内容

インフラエンジニアという職種は、ネットワークのスペシャリストと言われています。専門は、企業の情報システムを構成するコンピュータや通信ネットワークなどの調達・導入や運用に加え、管理、調整、更新などといった広い分野が挙げられます。「ネットワーク」のスペシャリストではありますが、ネットワークエンジニアとはまた違った職種になるため、彼らとは仕事内容も変わってきます。主な仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワークの接続以外の部分に関する仕事や、プラットフォームの構築です。ネットワークの接続以外の部分に関する仕事には、ハードウェアのセットアップやOSのインストール、ユーザー環境の作成などが挙げられます。しかし、近年クラウド技術が発達してきたということもあって、OSのインストールなどをしなくて良い場合があるなど、インフラエンジニアの仕事内容は変わってきています。仕事内容に少しの変化が起こる場合があるインフラエンジニアですが、不景気になったとしても活躍する場が必ずと言って良いほどあるため、就職に強いという特徴があります。そのため、長く仕事をしていきたいと思っている人は、インフラエンジニアに興味を持って、就職を検討してみるのも良さそうです。

求められるスキルが業界で変わる

どのような仕事でもスキルが求められることがありますが、インフラエンジニアにも求められるスキルが当然にあります。インフラエンジニアの場合は、どの業界で活躍するかによって求められるスキルが変化するところが特徴です。まず、IT機器メーカーやベンダーで活躍する場合には、高度な技術的知識が要求されます。そのため、少しでも知識が欠けていると活躍が難しくなるということです。次に、SIerでは、運用管理・トラブル発生時の対策についてのマネジメント能力が求められます。最後に、メディア事業会社やソーシャルサービスを提供している会社などで活躍する場合には、基本設計や要件定義に関するスキルが求められます。ここに書かれていないスキルも要求されることがありますが、特にここに記載したスキルを重視する傾向にあるということで、活躍の場を選択したならそれに合ったスキルを磨くことが大事です。

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所