インフラエンジニアに求められるスキルとはインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所

求められるスキル

フリーランスでインフラエンジニアとして活躍していく際には、自分で様々な仕事を見つけて受け持つことが必要です。しかし、いくら案件が沢山あったとしても、それができるほどのスキルを持っていなければ仕事をすることはできません。そこで、ここではインフラエンジニアにはどのようなスキルが必要になってくるのかを見ていきます。

LINEで送る

分かり易く負荷に負けない設計

まず、インフラエンジニアには、担当する業務内容に合った設計ができるというスキルが求められます。担当するプロジェクトが大規模なものになると、多くの人と協力して仕事を進めることになりますが、人が多くなるということは、その分多くの人に理解してもらえる業務の設計書が必要になるということです。もし、あまり多くの人に理解してもらえない設計書を作ってしまったら、それを説明する時間が必要になる場合もありますし、新しく設計書を作り直す必要が出てくる場合もあります。なるべく時間のロスを避けて業務を進められるように、インフラエンジニアの設計能力は非常に重要になるのです。設計のスキルと関連して、インターネットが負荷によってダウンしないように、インフラ設計をしっかりとする事も求められます。

トラブルを事前に避けられるスキル

また、インフラエンジニアには、先読みする高い能力も求められます。どのような業界でもそうですが、一度サービスを提供し始めた場合には、トラブルが起こらないように注視して、サービスの提供が止まらないようにしなければなりません。サービスを提供する前であっても、もし何らかのトラブルが起きてしまえば、その提供に時間がかかり、損失が出ることもあるのです。トラブルが起きてからそれにしっかりと対処できる能力も必要ですが、あらかじめトラブル発生の可能性を考えながら先読みをして動かなければならないのです。これは、非常に難しいスキルではありますが、これができるのであればインフラエンジニアとして十分にやっていく素質があると言えます。

英語力はあった方が良い

グローバル化が急速に進んでいる現代は、世界の共通語になっている英語ができることが求められています。しかし、日本人の多くが英語教育を受けていても十分な能力を身に付けられていない状態であり、問題視されることが多くなっています。インフラエンジニアとして活躍する場合にも、英語力が求められることが多いということです。IT関連企業は合計で19%が、社内SEは40%が英語力を採用の条件としており、この数字が年々増加していっていることからも、英語ができるエンジニアの方が就職先に困らないということが分かります。フリーランスであっても、自分を売り込まなければならないため、その際に英語力をアピールできればかなりポイントが高くなると考えられます。

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所