インフラエンジニアは資格をとってアピールしようインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所

資格を取得し一歩先を行く

資格を取得し一歩先を行く

インフラエンジニアとして活躍するためには、いくつかの資格を持っていると仕事を広げることができます。ここでは、インフラエンジニアとしてアピールできる、国内と海外の資格を紹介します。

LINEで送る

Cisco Systems関連の資格

世界最大手のネットワーク機器メーカー「Cisco Systems」に関連する資格を紹介します。一つ目は「CCNA」と呼ばれる資格で、インフラエンジニアの登竜門的な資格として非常に有名です。中規模ネットワークの構築・管理・運営の他、簡単なネットワークのトラブルシューティング能力などを認定します。二つ目は「CCNP」で、CCNAをすでに取得している人が受けられるものです。大規模ネットワークが対象になります。三つ目は「CCIE」で、Cisco Systems関連資格の中では最上位の資格となっており、取得すればネットワーク技術者として最高の技術・知識を持っていることが証明されます。

Linux関連の資格

次は「Linux」関連の資格を紹介していきます。Linuxには、「LPIC Level1」「LPIC Level2」「LPIC Level3」という3つの資格があります。レベル1は、基本的な操作方法やコマンドの使い方に加え、システム管理の方法が出題されます。レベル2は、応用的な管理方法やLinuxに関する知識の取得を目指す資格です。レベル3になると、大規模システムの設計・運用・管理についての能力を確認する試験になります。

Oracle関連の資格

「Oracle」という世界最大のデータベースソフトメーカーによる資格も存在しています。日本オラクルによる「ORACLE MASTER」という資格は、データベース管理・運用とアプリケーション開発という二つの系統に分けられており、その中で更に細かく数段階にレベル分けされているという資格になっています。

情報処理技術者試験に関する資格

最後は、日本の「情報処理技術者試験」に関する資格の紹介です。一つ目は、社会人が身に付けておくべき情報処理技術が分かっているかどうかを判断する「ITパスポート試験」です。難易度がかなり低いので、直接就職に影響することはあまりありませんが、自分の知識の確認にはちょうど良い資格であると考えられます。二つ目は「基本情報技術者試験」で、システム開発者とシステム利用者双方を想定した試験内容になっています。コンピュータ科学基礎を始め、ネットワーク技術やデータベース技術、システムの開発と運用などが内容になっています。システム開発会社に勤めるのであれば、この資格は必須であると言えます。三つ目は「応用情報技術者試験」という資格で、メインは数年の経験を積んでいるシニアエンジニアやシステムエンジニアを対象にしている資格です。高度なIT人材を輩出することを目的としているので、かなり高度な知識などが求められます。

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所