キャリアアップを望むときにインフラエンジニアが理解しておくべきことインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所
インフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアップ術

インフラエンジニアがキャリアを重ねて更に上級職に就きたいと考えるのは当たり前のことであり、上昇志向が無い人はIT業界で生き残っていくのも難しいでしょう。今のまま、自分の力だけでキャリアアップが実現できるなら問題はないでしょうが、世の中にはそうではないこともたくさんあります。いくら能力を磨いてキャリアチェンジを申し出ても会社の判断しだいではそれも叶わぬ夢となってしまいます。そこで、転職やフリーになるという選択肢があることをご紹介したいと思います。

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

キャリアアップをしたいと思っているエンジニアは多いと思いますが、そのためには「上流」と「マルチ」ということを意識することが大切です。インフラエンジニアという職種がなかった時代には、まだビジネスにITを使う範囲は狭くなっていました。しかし、現代に近付くにつれて、ITとビジネスの関係性は強まり、それに伴ってシステムもかなり複雑化しました。このように、ITの適用範囲と複雑性が高まってきていますが、技術革新により抽象的な知識しか持たない人でも多くの作業ができるようになりました。新たなツールを駆使しながら、より高度で広範囲に渡る仕事ができるようにすることで、将来のキャリアアップも目指すことができます。

プロマネを目指すなら「プロエンジニア」

プロマネを目指すなら「プロエンジニア」

プロマネは、優秀になれれば非常に多くの求人がくる職業です。周りからの信頼を集めてプロジェクトを支えるという重大な使命を担っていることからも、インフラエンジニアを含む多くのITエンジニアが憧れています。優秀なプロマネになるには、高いネゴシエーション能力が必要なので、コミュニケーション能力が高い人には非常に適しています。プロマネを目指している人は、「プロエンジニア」というサイトを使って仕事を探すと求人を見つけやすくなります。コンサルタントのサポートを受けることもできるので、初心者でも求人を見つけられるチャンスが広がります。

独立するなら「レバテックフリーランス」

独立するなら「レバテックフリーランス」

努力次第で高収入を狙うことができ、自分の好きな案件に携わることも可能なフリーランス。そんなフリーランスとして働きたいと考えているインフラエンジニアも多いのではないでしょうか。幸いなことにインフラエンジニアをはじめエンジニアの案件は比較的多く、それを紹介するエージェントも充実しています。中でも「レバテックフリーランス」は一つ一つの案件単価が高く、選べる案件の幅も広いためおススメです。

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所