インフラエンジニアがプロマネを目指すなら「プロエンジニア」を活用せよインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所

プロマネを目指すなら「プロエンジニア」

プロマネを目指すなら「プロエンジニア」

インフラエンジニアからプロマネへのキャリアアップは、ITエンジニアにとっては憧れだということで人気があります。もし優秀なプロマネになることができれば、多数の依頼が殺到するということで仕事に困らなくなります。ですが、誰もが優秀なプロマネになれるかというとそうではありません。依頼が来なければ、自分で見つけなければなりません。その時に、役に立つのが「プロエンジニア」です。ここでは、プロマネを目指すインフラエンジニアに知っておいてもらいたい、プロマネの実態と「プロエンジニア」という求人情報サイトについて紹介します。

LINEで送る

交渉力が求められる

プロマネという存在は、その人がいなくなればプロジェクトが回らなくなるというくらい重要な役割を果たす存在です。そのため、非常にやりがいがありますし、格好良さもあるのでITエンジニアの多くが憧れる職業となっています。多くの人がプロマネを目指す理由としては、優秀になれれば依頼がたくさんくるという理由が一つに挙げられます。もし優秀なプロマネになることができれば、仕事に困ることがなくなるのです。優秀なプロマネは、ネゴシエーション能力が非常に優れています。つまり、極端なことを言えば、パソコンはできなくても良いからその代わりに顧客の心に入り込んで上手く交渉できる能力さえ身に付ければ良いということになるのです。結局は、コミュニケーション能力が高いことが求められることになるわけですが、その中でも特に交渉力の高さが求められるのです。

求人探しは「プロエンジニア」

インフラエンジニアからプロマネを目指している人で、初めて仕事を探す時には「プロエンジニア」というサイトを使うことをおススメします。このサイトは、ITエンジニア専門の転職サイトとなっており、言語や職種を選択して求人を探せるようになっているところが魅力的です。今までプロマネとして仕事をした経験がないという人でも、その「やってみたい」という意思を尊重して夢を叶えてくれるサイトです。このように非常に良いサイトではありますが、求人情報がほとんど非公開で表示されているため、直接会社名などを調べる必要がありますが、それも気にならないほど口コミでの評判がとても良く、専門のコンサルタントにサポートしてもらいながら求人を選ぶことができるので優良と言えます。紹介してもらえる企業の数は800社以上ありますし、新着情報も頻繁に更新されていることから、常に新しい情報を得ることができます。

プロエンジニア
正社員でプロマネとして活躍していきたいと思っている人には特にオススメであり、利用したことがない人は一度実際に利用してみると良いでしょう。

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所