インフラエンジニアとしてより実力を発揮したいならフリーランスインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所

独立するなら「レバテックフリーランス」

独立するなら「レバテックフリーランス」

インフラエンジニアとしてより活躍するために、転職を選択するのではなくフリーランスとして働くことを選択をする人が増えてきました。職種の中にはフリーランスを選択できないものもありますが、インフラエンジニアはフリーランスを選択することができる職種です。フリーランスはワークライフバランスを大切にでき、努力次第で高収入も狙えるとして注目されています。ここでは、そんなフリーランスという働き方の良さとフリーランスとして働く時におススメしたいエージェント「レバテックフリーランス」について紹介します。

LINEで送る

フリーランスは高収入が狙え、やりがいも大きい

フリーランスの特徴は、自分の努力がそのまま収入に繋がるというところでしょう。会社勤めの場合は毎月収入が決められていましたが、フリーランスは案件ごとに契約を結ぶため、自分の努力次第で収入を上げることができます。フリーランスとして成功できれば、会社勤めの時以上の年収が狙えるだけでなく、年収1000万円という高収入も夢ではないのです。年収を上げたい場合には案件の単価が重要になります。フリーランスは自分で携わる案件を選択可能です。そのため単価が高い案件に携わることができれば、たくさんの案件に取り組まなくても年収アップが望めます。また、案件を自分で決められるということは、会社に勤めていた時には挑戦してみたくてもできなかった案件にも携われるということです。自分のスキルや経験をより活かせる案件を選ぶことにより実力を存分に発揮でき、大きなやりがいを感じることもできるでしょう。

選べる案件の幅が広い「レバテックフリーランス」

フリーランスとして働くのであれば「レバテックフリーランス」の利用をおススメします。フリーランスは自分で案件を選択できますが、それは言い換えれば自分で案件を取ってこなければならないということです。しかし今まで営業を自分で行ってこなかったインフラエンジニアにとっては、自分の力だけで案件を獲得するというのは中々に難しいことでしょう。そういう時に役立つものがエージェントです。エージェントを利用することで、営業を自分で行うよりも楽に案件を獲得することができます。そして数あるエージェントの中でも、より多くの選択肢が得られるエージェントがレバテックフリーランスです。レバテックフリーランスは業界トップクラスの案件数を誇っており、大企業の案件から稀有な案件まで幅広く案件を保有しています。自分のスキルや経験に合った案件や挑戦したい案件を見つけることができるはずです。

レバテックフリーランス
また直請け案件を多数保有されているため、業界最高レベルの案件単価となっています。高収入を狙っている人にもおススメのエージェントだと言えるでしょう。

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所