早い段階でキャリアパスを考察しておこうインフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパス研究所
インフラエンジニアのキャリアパス研究所

インフラエンジニアのキャリアパスを考察

インフラエンジニアになって、いつまでもこの仕事をしていたいと思うのなら良いでしょうが、年齢や収入など様々な面でキャリアパスについて疑問を持つ人もいるでしょう。特にエンジニア職は、年齢を重ねると現場の仕事だけでなく転職などでも不利な面が多いものです。早くから自分のキャリアパスを考えておくことは必要なことです。ここでは、インフラエンジニアがあてはまるキャリアパスを例をご紹介します。キャリアパスを考える参考にしてみてください。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

エンジニアは、どうしてもパソコンにばかり向き合っていて、IT系の技術ばかりを極めてしまいがちになります。しかし、エンジニアとして仕事をする上では確かに高い技術力が必要ですが、それ以上にコミュニケーション能力を鍛えることが必要なのです。インフラエンジニアなどのエンジニアは、経済産業省の「社会人基礎力」によれば「チームワーク」という能力が比較的劣っているという調査結果が出ています。エンジニアは、システム開発などをチームで行うことが多く、コミュニケーションが必要なことが多くなっています。その際にスムーズにコミュニケーションが取れるように、なるべくその能力を鍛えることが必要です。

ゼネラリストを意識してプロマネへ

ゼネラリストを意識してプロマネへ

インフラエンジニアのキャリアパスを考える場合には、その先にプロマネという道も出てくることがあります。インフラエンジニアの場合は、どうしてもエンジニアとして必要な知識だけを極めてしまうことがありますが、プロマネの場合は広い視点で様々な知識を持っていなければならないということなので、ゼネラリストになることを意識しなければなりません。時には、自分の専門分野と全く関係のない分野を集中的に勉強するなど、色々な所に興味を向けることが必要になるのです。他にも多くのスキルが必要になりますが、誰でもプロマネを目指すことは可能です。

コンセプチュアルスキルを磨いてコンサルタントへ

コンセプチュアルスキルを磨いてコンサルタントへ

キャリアチェンジをする場合には、どのような職種にチェンジするかが重要になります。インフラエンジニアの場合は、コンサルタントという道も考えられます。もし、コンサルタントへとキャリアチェンジしようと考えるのであれば、「コンセプチュアル・スキル」を磨かなければなりません。このスキルは、自分の持つ多くの情報を体系化して、その本質を把握するというものです。例えば、IT系のプロジェクトを進める場合には、そのプロセスの中で何度もこのスキルを活かして進める必要がある場面が出てきます。仕事を成功させるためには、なくてはならないスキルなのです。

初心者エンジニアにもおすすめ!

将来を考えキャリアップを

将来を考えキャリアップを

将来キャリアアップすることを考えている人は、「上流」と「マルチ」を意識することが大切です。スマートフォンなどが普及している現代では、ITが関係するビジネスの範囲は非常に広くなっており、それと共に必要なシステムも複雑化してきています。ですが、技術革新によって生み出された便利なツールを使えば、どんなに複雑なものでも抽象的な知識のみで作業を進めることができるのです。この抽象化によって、多くの作業ができるようになるため、将来のキャリアアップを目指している人は、クライアントの要望に広く応え、どのような作業にでも対応できるようにすることが大切です。

まずはコミュニケーション力を鍛える

まずはコミュニケーション力を鍛える

初心者のインフラエンジニアがキャリアパスを考える時には、まずコミュニケーション能力の問題を考えなければなりません。技術がどれだけ高いかよりも、チームでプロジェクトを行う際にスムーズに進められるだけの能力が求められるのです。経済産業省の「社会人基礎力」という一定の能力を定義したものに照らし合わせると、過去のアンケートにおいて、IT系職業の人は「チームで協力して働く能力」が比較的低いという結果になりました。プロジェクトだけでなく、自分の売り込みやクライアントの意思を的確に把握するためにも、コミュニケーション能力を鍛えることが必要です。

ネットワークのスペシャリスト

ネットワークのスペシャリスト

新卒のエンジニアなど、初心者にもおススメできるエンジニアの職種の一つに「インフラエンジニア」があります。これは、ネットワークのスペシャリストとして、様々な業界で活躍することができる職種です。業界によっては非常に高い知識が求められる場合もありますが、スキルがあれば誰でも目指せますし、不景気でも仕事先があるので非常におススメです。仕事内容は、ネットワークエンジニアが担当するネットワーク接続以外の部分や、プラットフォームの構築となっています。最近ではプラットフォームの構築の方が重要になってきているので、それに関するプログラムなどの知識が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパス研究所